ドッグフードに関する種類を深く分析

昔はホームセンターなどで売っている、ドッグフードを購入している人が多かったのですが、現在はたくさんの種類のドッグフードが販売されており、その種類の多さに圧倒されている人も少なくありません。
では今どのような種類のドッグフードが存在しているのでしょうか。
自分の愛犬にベストのフードを見つけるためには、種類について知識を持っていることが大切です。

まず、愛犬のためのフードは大きく年齢ごとに分けることが出来ます。
それは幼犬用、成犬用、シニア犬用です。
これは人間に置き換えて考えるとわかりやすいものです。

人間も赤ちゃんの時は離乳食のように、消化に優しいものを必要とします
成人になるとお腹も空きやすくなり、たっぷりの栄養が必要です。
さらに老人期は咀嚼しやすく、胃に優しいものが必要になります。

これは犬も同じです。
年齢に合ったフードを与えることで、健康の維持にもつながります
また、これらとは別に、療育中に与えるものや、メスの妊娠・授乳期に与えるものなども販売されています。

療育中の物は消化しやすく身体に負担を与えません。
また、妊娠・授乳期のものは栄養価も高く、母犬の栄養が不足しないように、十分配慮されたものが販売されています。